働き方次第で大幅年収アップも可能な塾講師

結論から記載すると塾講師の年収は425万円〜450万円前後です。

一般的な塾講師の月収については27万円〜29万円くらいが相場になっています。

また、塾によっては年俸制をとっている施設もあります。

新米の講師として正社員として入植した場合、初年度で年収350万円〜400万円前後の年収が主流となっています。

5年勤続した場合の年収は350万円〜500万円程度となるのが相場です。

待遇については、福利厚生として社会保険が完備しているなど、

待遇面では優遇されている仕事と言えるでしょう。

また、この仕事はパートやアルバイトとして働くことも可能で、

その場合の時給は高く1,800円〜1,900円の間です。

塾講師が年収をアップさせるコツとしては、大手の塾に入職することで、

その場合は年収が800万円から900万円になるという口コミも存在しています。

ここで塾講師の推定生涯年収を計算してみると、

東京都内の場合は平均年収が約460万円であることを考慮すると大学卒業後から開始して38年勤めたとして、

1億7,480万円となり、退職金制度なども上すると生涯年収は2億円程度という計算です。

さて、塾講師になるにはどのような条件が必要なのでしょうか。

多くの条件としては、大学卒業、4台卒業であること、大学院卒業などの人が採用されやすい傾向です。