塾の先生の仕事内容と給料の算出方法について

塾の先生は受講生に勉強を教える仕事という漠然としたものが一般的なイメージですが、

勉強の教え方は塾によって大きく異なります。

学校の授業のように何十人もの受講生を相手に先生が勉強を教える方法や、

少人数かあるいはマンツーマンで勉強を教える方法もあります。

なかでもマンツーマンで教える方法は先生の指導力の良し悪しが受講生の学力に影響するので、

先生との巡り合わせが中学受験の結果を左右すると言っても過言ではありません。

そのため、必然的に指導力が高い先生に人気が集まり、その人気の高さが給料に反映されるのです。

私が働いていた塾では担当した受講生の成績の良し悪しが給料に反映されるシステムだったので、

指導力の高い先生は非常に高額の給料を貰っていたのです。

塾の先生は担当の受講生相手に勉強を教えるだけではなく、

テスト問題の作成やスケジュール調整も行っています。

受講生ごとに学力向上の糧になる問題作りができることが優秀な先生の条件と言えるのです。

受講生一人一人をよく観察し、それぞれに最適な方法で教えることで受講生の学力が大きく向上します。

指導力が高い先生は受講生の保護者からも厚い信頼を寄せられていますが、

その信頼の厚さも給料に影響しているのです。