中学受験塾でのキャリアアップとは

塾講師が給料を大きく上げていきたいと考えたらキャリアアップを図ることが重要です。

小規模な中学受験塾では塾長と講師しかいないという構図が典型的ですが、

大手の塾になると主任や副塾長なども置かれる仕組みになっています。

授業を専門として行う塾講師として働いていると、担当講義数に応じて給料が決まったり、

個別指導塾では担当した生徒の成績によってボーナスが決定されたりするのが通例です。

それに加えて年次昇給があるというのが普通ですが、あまり大幅な給与アップの機会がない場合が多いでしょう。

稼げるようになるためには主任以上に昇格するのが肝心です。

塾長や副塾長くらいになると1000万円近い年収になっているケースもあります。

個人経営塾の場合には塾長になれる機会はほとんどありませんが、

大手の塾であれば教室さえたくさんあれば高い評価を受けることで塾長候補になれるでしょう。

ただ、講師として実績を上げればキャリアアップできるというわけではないので注意が必要です。

実績に加えてマネジメントスキルがあることを上層部に理解してもらわなければなりません。

あまり得意ではないという人は早い段階からセミナーなどで学んで実力をつけておきましょう。